想い出と言うより高校2年の9月くらいに好きな女の子がいて、多分その人も自分のことが好きだったと思う。

体育祭で校庭の一角に座っているときにH.Gさんの視線に気がつきH.Gさんの方を見るとなぜか目をそらされる。

一緒にいた友達に見てもらうとずっと自分の方を見つめてると言われた。このあたりから、家の電話に無言電話が掛かってくるようになって最初は誰がどう言った目的でしているのかわからなかったけど、友達曰くH.Gさんとのこと。体育館で整列して並んでる時も必然的に隣に座ってた時あったけど、わざわざ隣に座ってくれたのも当時気がつかなかった。

無言電話の時に気が付いてあげればよかった。ただなんて言ってあげればよかったか言葉が思い浮かばなかったのと他の女の子と仲良くしてたらいつの間にか睨まれるようになってた。
1年後くらい友達から、あの人(H.G)さん(T.K)君のこと好きだったみたいだよと言われて始めて両思いだったことに気がついた(笑)
遅かった。


戻 る






Back to Top