拝啓 高山市の東屋幸子様。
もう、お孫さんに囲まれてシアワセな老後を迎えた頃でしょう。
46年前2年間暮らした高山で僕の人生を豊かなものにしてくれた大切な人。エビフライの乗ったカレー。城山公園の恐怖の職質。神明町のお宅まで話しながら歩いた冬の夜道。
恋愛初心者だった僕は、遠距離になっても自分に「彼女」がいるだけで舞い上がっていました。
先月、45年前の写真を持って白川村を訪ねてみました。あの合掌家屋があの日のままに残っていました。あの日の写真の中のあなたの表情が暗いのは別れを考えていたからでしょうか。
今、200km離れた海辺で暮らす僕とは偶然にも会うことはないでしょう。すれ違ったとしてもお互い変わり果てた姿に気づかないかも。
できることなら、普通の古い友達(人生の同級生)でいたいと思っています。
名字も住所も電話も、生死すらわかりませんが声が聞きたいんです。電話でも。
あなたと御家族がシアワセであるようエールを送っています。


戻 る






Back to Top