今日が何の日か、あなたが知らないなら意味のない、いつもと同じ一日の始まりです。お願いだから今日もコロナから逃れて下さい。
 ところで、マーク・ボールズのRing Of Fireに『Take Me Home』という佳曲があるのをご存知ですか?もしあなたがここで歌われている、IでもYouでも、或いはSomeone newでもないのなら、ただの美しいラブソングです。きっと気に入るでしょう。あなたは情の深い人。幸せに暮らしていると信じています。けれどあなたにはあなたの、忘れられない人がいるのかも知れませんね。
 幼い私は大好きなあなたと、音楽の話をたくさんしました。毎日が楽しくて、幸せでした。あなたの心が私にないと知った後でさえ、あなたがいればよかったからです。そして最後は辛かったのは言うまでもありません。でも、当時のアルバムを聴くことはあまりないです。あの頃のあなたに頼らず自分で見つけなければ、また「お前は俺に合わせているだけだ」と怒られるからです。だけどおかしなことに、私が選んだ曲にも、後のやさしい彼氏にまで、あなたは文句をつけました。「俺は東京で運命の人に出会って幸せだ」とわざわざ言って電話を切ったくせに。あの時、続けて放った言葉は封印します。思い出したくないし、やっぱり今も、すごく悲しい。本当になんて意地悪で、どうしようもなく愛しい人。絶対に認めたくなかったのかな、自分だって私を大事にしていたことなんか。
 あなたは遠く離れてしまい、もう私の面倒を見られなくなったから、とうとう突き放しました。まるで指に絡みついたクモの巣を振り払うようでした。そうさせたのは私です。でも私を傷つけることで傷ついていたのは、実はあなただったのかも知れません。とにかく私は心やさしいあなたにとって、とても厄介な存在だったようです。これがその後も二人が友達でいられなかった本当の理由のような気がします。長く生きて来て、やっとわかることもあるものですね。もっと大人になってから出会っていたら、二人は心の友のような素敵な関係になれたでしょうか。
 さて、すっかり忘れていた子どもの頃の話を持ち出され、しかも勝手なことを一方的に言われっ放しであなたはさぞ、気分が悪いでしょうね。けれどもあなたには聞く義務があります。なんといっても、国宝級の片想い、世紀の大失恋の相手なのですから(笑)。それに前みたいに怒られたら、うれしいだろうな。そうだ、言い返すことがあるのなら、今すぐ目の前に出て来なさい。どなたかが、もしも恋しい人が目の前にいたら自分の心臓は止まるだろうとおっしゃっていましたが、私の心臓もきっとそう。私は意気地無しだから、もうそうなったら蘇生したくない。帰れる家はないから、そのままあなたの記憶の中に生きていてもいいですか?
 あなたを好きだと言った私が悪かったから、すべて独りで背負ったから、とてもとても重かったから、もう許してくれませんか?まだ生きられるなら友達でいよう。あなたのいない人生は寂しすぎる。
             よう


戻 る






Back to Top