原野 祐子さんへ
「原野」は旧姓でしょうか。
あなたとめぐり会った昭和48年の春から五十余年が経ちました。

高志です。
遠く年月が流れても祐子と巡り会い過ごした日々は、淡い水彩画のような青春の想い出です。
あなたにとっては苦い、切ないだけの思い出かもしれませんね。
一緒に行った映画「追憶」のように。

わたしは、あんなに愛してくれた祐子に辛い思いをさせて、「さようなら」も言わずに去りました。
酷い別れ方でした。
夕陽を追いかけるような後悔をしても取り返しはつかないし、祐子の受けた傷が癒えることはありません。
恨まれていても当たり前なのです。
愛が壊れてしまったのは、祐子の想いに添う事に怯えた私が意気地無しで身勝手だったから。
それでも、あなたを、原野祐子を愛していたのは本当です。

祐子は私にとってかけがえのない魅力溢れる初恋の人だった。

思いを寄せていた祐子に告白されたあの日から、私はあなたに夢中だった。
初めての「恋愛」に戸惑いながらもより深みに落ちて行くことを望んだ。
祐子の愛が嬉しくて嬉しくて仕方がなかったのに、成績が良く、大人びてセクシーな祐子に引け目を感じて素直になれなかった。
いつも困らせてばかりいたよね。
何もかもが「初」という文字で表されていたと言えば、弁解ですかね?

あの頃の私に勇気があれば‥その後の「蹉跌」は「明日」に繋がったのかもしれませんね。

時折り高校の周辺を歩いています。
校舎や街の姿は変わっても
この坂道に、あの公園に、毎日乗り降りした駅に祐子の面影と甘い黒髪の匂いが蜃気楼のように揺れている。
下校中の後輩達の嬌声を振り返る時がある。祐子の声が聞こえた気がして。
眼を伏せるとあの頃の二人の姿が浮かんでくる。
離れたくないから駅まで遠回りしながら寄り添って歩いたね。
指を絡めて手を繋いだだけで幸せだった。
祐子は覚えてますか?
ファーストキスで歯と歯が当たった感覚は今も鮮明な甘い思い出。
男と女になって見えたものと見えなくなったものがあった。
何度もかけた電話番号の末尾は1996だった。
「祐子はどこでどうしているだろう‥もう一度会いたい」
そんな思いが募って綴りました。
身勝手だけれど、あなたに、初めて愛した女(ひと)、「原野祐子」に会いたい。
氷室の奥で凍りついた二人の初恋の話を少しだけ溶かしてみませんか?
待ってます。


戻 る






Back to Top